あなたの存在を知ってもらうためには

男性にアタックする

メールレディに欠かせない仕事方法があります。
それはアタックメール。
いわゆる営業メールなのです。たくさんの女性がいる中から、男性は女性を吟味しないといけません。
しかしいちいち一人一人のプロフィールを閲覧するのは、なかなか骨が折れます。
そんな手間をかけさせないようにするのが、アタックメールなのです。

〇アタックメールはメールレディの武器!

アタックメールでは、自己紹介がてら相手に自分の存在をアピールできるメールでもあります。
メールレディとして働いている女性はごまんといるので、「自分はココだよ!」というアピールをしないといけないのです。

もちろん一人一人に送信するという手法もアリですが、アタックメールは一斉送信が基本。
サイトによって一斉送信できる数に違いがあり、低くても200通。最も多くて1日に500通送信できるサイトもあります。

送信する内容は、どういった内容でもOKですが男性から返信がくるようなメールを送信しましょう。

〇文面で態度が伝わっちゃうよ

ではアタックメールではどういった文面がNGなのでしょうか?
いくら手紙の送り合いとはいえ、文面にめんどくさそうな態度が出ていたら男性はすぐに感じ取ってしまいます。

例えば短文のメールです。
「こんばんは!ヒマだったらメールしてほしいな」
こういったメールを送っても、男性は違う女性からもたくさんのメールを貰っているので返信する気になれません。
短文のメールは「手抜き感」が感じられるので、短文過ぎず長文過ぎずのボリュームが最適といえます。

〇いい印象を与えるためには?

アタックメールでおすすめといわれている内容は、文中に名前を入れたりちゃんと男性のプロフィールに触れてあげるという点があげられます。

例えば「○○さんこんばんわ!ヒマだったらメールしてほしいな」
上記のNG例と比べるとどうでしょうか?とても印象が変わりますよね。
文中に名前を入れるか入れないかで、こんなにも受け取り側の印象が変わってきます。
アタックメールを送信する際には、相手のことを思いながらどんなメールをもらったら嬉しいかを想像しましょう。